──濃硫酸の酸性雲で覆われた金星で生命体が生存可能な空間を雲のなかにつくりだすという仮説が発表された
「理論上、金星の雲に生命体が存在しうる」
主に二酸化炭素からなる厚い大気があり、表面温度が平均460度となる金星は、濃硫酸の酸性雲で覆われた極めて過酷な環境だ。しかしこのほど、「理論上、金星の雲に生命体が存在しうる」との説が示された。

——金星被浓硫酸的酸性云层所覆盖。有假说发表说其中可能存在有生命可以生存的空间。
“理论上,金星的云层中有可能存在生命。”
金星有主要以二氧化碳构成的浓厚大气,表面平均温度有460度。这是一个被浓硫酸的酸性云所覆盖的严酷环境。不过最近“理论上,金星的云层中有可能存在生命”的假说被发表了。

金星では生成されないはずのアンモニアが検出された
米マサチューセッツ工科大学(MIT)、英カーディフ大学、英ケンブリッジ大学の研究チームは、金星の酸性環境を中和し、生命体が生存可能な空間を雲のなかにつくりだす化学経路を特定し、これに基づく仮説を2021年12月28日付の「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」で発表した。

金星上本来不会存在的氨被发现了
美国麻省理工大学、英国卡迪夫大学、英国剑桥大学的研究团队在2021年12月28日“美国科学学术纪要”上发表假说。认为金星的云层中存在可以中和酸性环境有可能让生命存在的空间。

金星の大気には、酸素がわずかながら存在し、水蒸気が想定以上に多く、球状の硫酸の液滴とは異なる非球状の粒子が存在するといった不可解な異常が長年観測されてきた。
なかでも最も不可解なのは、1970年代にソビエト連邦の金星探査機「ベネラ8号」やアメリカ航空宇宙局(NASA)の「パイオニアビーナス探査機」によって暫定的に検出されたアンモニアの存在だ。アンモニアは金星での既知のいかなる化学プロセスでも生成されない。

金星的大气中,氧气虽然很少但是也是有的。水蒸气则比预想更加多,还存在和球状硫酸液滴不同的非球状粒子。这种无法解释的异常现象被常年观测。
其中最为难解的是,1970年代苏联的金星探测器和美国NASA的探测器短暂检测到了氨的存在。按照金星已知的化学反应,是不会生成氨的。

研究論文の責任著者でマサチューセッツ工科大学のサラ?シーガー教授は「金星にアンモニアは存在しないはずだ。アンモニアは水素と窒素の化合物だが、金星に水素はほとんど存在しない。金星の環境下で存在しないはずの気体が存在するとしたら、生命体によって生み出された可能性を疑わざるを得ない」との見解を示す。

研究论文的责任作者麻省理工大学的萨拉·西格教授说:“金星本不该有氨的存在。氨是氢和氮的化合物,但金星几乎没有氢。如果存在金星环境下不可能存在的气体,那么不得不怀疑有生命产生的可能性。”

「生命体がそこに存在し、生息環境を変えているかもしれない」
研究チームは、一連の化学プロセスをモデル化し、「アンモニアが存在するとしたら、アンモニアが硫酸の液滴を中和する化学反応を次々と促し、金星の雲で観測された異常についてもほぼ説明できる」ことを示した。

“因为有生命的存在,也许才带来了生存环境的改变”
研究团队将一连串的化学进程建立模型,认为如果有氨存在,那么氨就有可能和硫酸的液滴发生中和反应,从而可以基本解释金星云层中观测到的异常现象。

雲にアンモニアがあれば、これが硫酸の液滴に溶けて生命体が生存可能な状態に中和する。その結果、雲の酸性度は、一部の生物が生息する地球の極限環境と変わらなくなる。
また、研究チームは、アンモニアの発生源について「稲光や火山噴火ではなく、生命体なのではないか」と考察している。研究チームの分析によると、稲光や火山噴火、隕石衝突では十分なアンモニアを生成できないためだ。生命体であれば可能かもしれない。

云层中如果有氨的存在,那么就有可能溶解到硫酸的液滴将其中和,诞生生命可能生存的状况。结果,云层的酸性程度,可能和有一部分生物生存的地球极限环境差不多。
同时,研究团队对于氨的产生源头也进行了调查,认为是可能不是源于闪电和火山爆发,而是生命体带来的。根据研究团队的分析,闪电、火山爆发和陨石撞击无法生成足够的氨。如果是生命体的话也许就可以。
原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.cn 转载请注明出处


実際、ヒトの胃の中には、アンモニアを生成して酸性度の高い環境を中和し、生息しやすくする微生物が存在する。シーガー教授は「私たちが知る限り、金星の雲の液滴の中で生存可能な生命体はない」としたうえで「重要なのは、生命体がそこに存在し、生息しやすくなるように生息環境を変えているかもしれないという点だ」と指摘する。
シーガー教授らは、金星の大気中に生息するかもしれない生命体を探査する民間の金星探査ミッション「ビーナス?ライフ?ファインダー?ミッション」のもと、2023年以降、金星に探査機を送り込み、この仮説を検証していく方針だ。

实际上,人类的胃里就有生成氨中和高酸性环境,从而可以生存的微生物。西格教授指出:“在我们所知的范围内,金星的云层中的液滴里还没有发现可以生存的生命。不过重要的是,这里已经变为生命可以生存,容易生存的环境了。”
西格教授等人打算在2023年以后通过民间发射的金星探测器来探测金星大气中是否有生命存在,从而可以验证这个假说。