実は中国製の電気バスが6年前から日本の道路を走り始めていることをご存知だろうか。その名は「BYD製電気バス」。中国?深センを本拠地とする比亜迪(BYD)グループには「BYD電子」(BYD Electronic)と自動車を製造する「BYD汽車」(BYD Auto)の2部門があり、BYD電子はマスクも製造。コロナ禍によるマスク不足で、医療用N95と一般用合計で5億枚以上のBYD製マスクを日本に輸出したため、昨年初めてマスクでブランド名を知った人も少なくないはずだ。

你知道吗,实际上中国制造的电动巴士从6年前就开始在日本的道路上行驶了。其名为“比亚迪电动巴士”。基地在中国深圳的比亚迪集团(BYD)有“比亚迪电子”和制造汽车的“比亚迪汽车”两个部门,比亚迪电子也制造口罩。由于新冠疫情导致的口罩不足,中国向日本出口了医疗用口罩和普通N95口罩合计达5亿个以上的BYD口罩,所以,去年首次通过口罩知道品牌名称的人应该不在少数。

そのBYD製「K9」という大型の電気バスは京都市内の路線バスとして2015年に初めて5台が導入された。どんな特徴を持っているのか。BYDジャパン副社長花田晋作氏はこう明かす。

2015年首次引进了5辆比亚迪制造的“K9”大型电动巴士,作为京都市内的线路巴士。具有什么样的特征呢?比亚迪日本副社长花田晋作表示。

「K9は一充電あたり250km 以上の走行性能を持っています。走行時に CO2 を排出しないため、環境負荷の軽減はもちろんのこと、走行時の騒音や振動を大幅に軽減する効果もあり、乗客や沿線住民の快適性向上にも貢献します。324kWhの大型バッテリーを搭載しているので、災害時の電源供給や避難場所としての活用も可能です」

“K9每次充电可行驶超过250公里。由于行驶时不排放二氧化碳,不仅可以减轻环境负荷,还可以大幅度减轻行驶时的噪音和振动,有助于提高乘客和沿线居民的舒适性。它装有324kWh的大型电池,可以在灾难发生时供电,也可以用作避难场所。”

2020年より日本市場に導入されている小型の「J6」は1950万円(税抜き)、同じく2021年より導入の「K8」は3850万円(同)。日本製電気バスが軒並み1億円前後の価格となる中、BYDバスは1/3~1/4という低価格だ。

比亚迪从2020年开始在日本市场推出的小型大巴“J6”为1950万日元(不含税),而从2021年开始推出的“K8”为3850万日元(不含税)。日本产的电动巴士的价格都在1亿日元左右,而比亚迪的电动巴士只有1/3~1/4,价格非常低。

また、BYD製電気バスの大きな特長のひとつにメンテナンスのしやすさがある。車両部品やバッテリーをモジュール化することで、不具合が出た場合、その部分だけを入れ替えて修理すればよい。

另外,比亚迪电动巴士的一大特点是易于维护。对车辆零部件或电池进行模块化,如果出现故障,只需更换该部分进行修理即可。

BYD製電気バスは日本のみならず、アメリカでもニューヨークやロサンゼルスの街でも市民の足として走っている。あの有名な2階建てのロンドンバスにもBYD製電気バスの採用が始まっている。これまで6大陸50ヵ国、300の地域で6万台以上が販売され、電気バスとしてもちろん、世界トップシェアを誇る。

比亚迪电动巴士不仅在日本,在美国、纽约、洛杉矶等地也作为市民的代步工具。那个有名的双层伦敦巴士也开始采用比亚迪制造的电动巴士。到目前为止,比亚迪在6大洲的50个国家、300个地区共销售了6万辆以上,电动巴士自不必说,其在世界拥有第一的市场占有率。

国は約9年後の2030年代半ばまでに純ガソリン車の新車販売を終了すると発表したばかり。排ガスゼロでたくさんの人を運ぶバスとしての役目だけではなく、災害等の緊急時には素早く電力供給もできる「未来のクルマ」は、じわじわと日本国内にも浸透してきているのだ。

国家刚刚宣布将在大约9年后的2030年中期之前结束纯汽油车的新车销售。零排放的车辆不仅可以作为运送多人的巴士,还可以在发生灾害等紧急情况时迅速提供电力,这种“未来的汽车”正在慢慢地渗透到日本国内。