【韓国】 合計特殊出生率1.1人で3年連続「世界最下位」

韩国总和生育率1.1,连续3年“世界最低”,日本网民评论


1LingLing
韓国、合計特殊出生率1.1人で3年連続「世界最下位」
韓国の合計特殊出生率(女性1人が生涯産むと予想される平均出生数)が1.1人で3年連続「世界最下位」水準であることが分かった。
20日、人口保健福祉協会が国連人口基金(UNFPA)と共同で発刊した「2022年世界人口現況報告書」韓国語版によると、韓国の合計特殊出生率は1.1人で世界198位を記録した。韓国よりも出生率が低い国はなかった。

韩国总和生育率1.1,连续3年“世界最低”
韩国的总和生育率(1名女性一生所生育的孩子的平均出生率)为1.1,连续3年处于“世界最低水平”。
据韩国人口保健福利协会20号与联合国人口基金(UNFPA)共同发行的《2022年世界人口现状报告书》韩国语版显示,韩国的总和生育率为1.1名,居世界第198位。没有一个国家的出生率比韩国低。

2020年と2021年に発刊された同報告書でも韓国の合計特殊出生率は1.1人で世界最下位だった。
これに先立ち、統計庁は今年2月に発表した「2021年出産?死亡統計暫定結果」で昨年の国内合計特殊出生率が0.81人だと発表したことがある。
人口保健福祉協会は「国連人口基金が発刊する報告書の国内人口関連の数値は国連経済社会理事会や人口局などの資料に基づいた推定値で、統計庁の実測発表資料と違いがある」と説明した。2020~2025年の世界人口成長率は1.0%だが、韓国人口成長率は0%で、2015~2020年に比べて0.2%ポイント下落すると推定されている。

在分别于2020年和2021年发行的同本报告书里,韩国的合计特殊出生率为1.1人,世界最低。
此前,统计厅在今年2月发表的《2021年生育与死亡统计暂定结果》中显示,去年国内总和生育率为0.81。
人口保健福利协会解释说:“联合国人口基金发行的报告书中有关国内人口的数值是以联合国经济社会理事会和人口局等的资料为基础进行推算的,与统计厅的实测资料存在差异。”2020 ~ 2025年世界人口增长率为1.0%,而韩国人口增长率为0%,比2015 ~ 2020年下降0.2个百分点。

韓国は少子高齢化現象が持続していて、0~14歳の人口構成比率が12%で世界平均(25%)の半分にも至らないことが明らかになった。シンガポールと日本が韓国と同じ12%で最下位水準を記録した。
反面、韓国の65歳以上の人口比率は17%で世界平均(10%)より高い。出生時の平均期待寿命は83歳で世界12位で、世界平均の73.5歳よりも約10年長い。
北朝鮮の人口成長率は0.4%で、0~14歳の人口構成比率は20%、65歳以上の人口比率は10%だ。出生時の平均期待寿命は72.5歳、合計特殊出生率は1.9人で世界118位だ。

由于韩国的低出生率、高龄化现象持续,0~14岁人口的构成比率为12%,不到世界平均水平(25%)的一半。新加坡、日本与韩国相同,均为12%,都处于最低水平。
相反,韩国65岁以上人口比率为17%,高于世界平均水平(10%)。出生时的平均期望寿命为83岁,居世界第12位,比世界平均水平73.5岁长约10年。
而朝鲜的人口增长率为0.4%,0 ~ 14岁人口构成比率为20%,65岁以上人口比率为10%。出生时的平均期望寿命为72.5岁,总和生育率为1.9,居世界第118位。